乳がん検診の種類

乳がんの検診には大きく3つの種類があります。
検診の際には上半身裸になっていただくので、上半身のみ脱着しやすい服装でお越しください。​
  • 問診

    年齢や月経の状況、妊娠や分娩、授乳の経験、家族にがんになった人がいるか等の問診を行います。

  • マンモグラフィ検診

    専用のX線装置で乳房を挟んで撮影する検査です。

    当院では、斜めから乳房を圧迫する内外斜位方向撮影(MLO)と、上下から圧迫する頭尾方向撮影(CC)の2方向の撮影を行います。厚みのある乳房は中が非常に見にくい状態であるため、薄く伸ばして圧迫する必要があります。この時痛みを伴いますが、乳房の中を見やすくし、使用する放射線の量を少なくすることができるので、とても重要な事なのです。また、エコー検査では見にくい微細な石灰化を写し出すことができます。

  • 超音波検診(エコー)

    超音波を使って乳房を検査する、痛みのない検査です。若い女性は乳腺が多く、マンモグラフィでは乳腺と腫瘤の区別がつきにくいため、マンモグラフィと併せて用います。​微細な石灰化の描出は困難ですが、乳房の中の様子、腫瘤の様子を詳しく観察することができます。

マンモグラフィ機器のご紹介

  • マンモグラフィ機器 高松画像診断クリニック
    撮影にはスタッフが付き添います。
    できるだけリラックスしてください。
  • マンモグラフィ機器 高松画像診断クリニック
    姿勢を調整したり、
    乳房を圧迫板にしっかりと挟み込みます。
  • マンモグラフィ機器 高松画像診断クリニック
    圧迫に痛みを伴うことがあります。
    圧迫が不十分だと腫瘤が写し出されない
    場合が
    ございます。
  • マンモグラフィ機器 高松画像診断クリニック
    厚みを1cm薄くすると放射線被曝は
    約半分に減少します。
  • マンモグラフィ機器 高松画像診断クリニック
    角度を変えて撮影します。

超音波検診(エコー)機器のご紹介

  • 受付
    実際には検査着は前を開けて検査します。
  • 待合室
    モニタにて映像を確認しながら
    検査していきます。

検査をご希望の方は、お電話にてお問い合わせください。

お問い合わせ先
087-811-5588
お問い合わせ時間
平日 9:00~12:30・14:30〜18:00 土曜 9:00~12:30